低用量ピルのお悩み解決講座

低用量ピルを飲めば100%避妊が可能?

低用量ピルで100%避妊が可能か

きちんと正しい低用量ピルの服用では、99.9%の確率で避妊ができるとされています。

個人輸入で避妊薬を格安に購入したい方はこちらのくすりぴあに詳細が出ています。

低用量ピル服用はとても高い避妊率に加え、生理痛緩和をはじめとするメリットもありますが、正しい服用をしていても0.1%の確率で妊娠してしまうと言われています。これは「1人/1000人中」は妊娠する可能性があるということになります。

このようなケースには、ピル服用開始となる生理初日を間違う、ホルモンバランス調整がうまくいかず排卵してしまう、体調不良によりピルの体内吸収がうまくいかないなどの要因があげられます。

低用量ピルによる妊娠への影響

低用量ピルの場合、ピルの服用を中止してから35日までに約80%6ヵ月以内にはおおよそ99%の女性において生理が元通りに始まることが分かっています。

3ヵ月以内には85%の女性において、基礎体温表で低温期・高温期の2層からなる排卵曲線が示されるようになりますので、妊娠が可能な状態と言えます。

さらに、妊娠前においての低用量ピル服用について、そのあとの妊娠・胎児には影響を与えないことも、さまざまな研究により分かっています。

望まない妊娠や生理痛緩和(PMS)の為に避妊薬を通販したい方はまずはこちらで価格比較してみましょう。

ピルの副作用

低用量ピルの一種として有名なトリキュラーですが、その副作用には頭痛や吐き気、腹痛などがまず挙げられます。

これらの症状が出るかどうかは個人差がありますが、血栓症という症状が副作用として出る場合には、出やすい方がいるようです。。

血液の一部が凝固し、血管が詰まってしまうという病気なのですが、この副作用は40歳以上の方、肥満気味な方、もともと高血圧な方などはその症状が出る可能性が高くなってしまいます。服用中には禁煙をした方が安全でしょう。

ピル避妊確率とコンドーム避妊確率

低用量ピルとコンドームは避妊を行なうアイテムではありますが、どちらも100%の避妊確率ではありません。

特に低用量ピルはその名のとおり用量が少なく、主に更年期障害の治療に用いているので避妊向きとは言えません。

コンドームは物理的に物理的に受精を遮断するので有効性は高いですが、性交時に破れる・着脱の失敗等で妊娠をしてしまったという報告も多数あります。しかし、避妊確率で言えばコンドームの方が高く、女性の体への負担もないので良いです。

低用量ピルの成分解説

低用量ピルには、卵胞ホルモンであるエストロゲン・黄体ホルモンであるプロゲストーゲンという2種類の女性ホルモンが成分として配合されています。これら2つの女性ホルモンは排卵と月経を司っている重要なものです。

これらが含まれる低用量ピルを服用することで、排卵を休止・精子の子宮頚管を通りにくくする・受精卵の子宮内膜着床しにくくするなど、自然のホルモンバランスに手を加え生理作用をコントロールし、妊娠を防ぐ働きとなります。

通販で低用量ピルを格安購入したい方はこちらへお進みください。